私なりの支援

日本中の人たちが、今「自分にできること」を探している中、私も母も気になっているのが、震災現場での動物たちのこと。避難所にいっしょに逃げている動物たちの姿を見ると、その家族の人たちの思いも、感じてしまいます。動物は、動物。でも、家族の人にとっては、家族。
できることはないかな、と探していたところ、仙台のNPO法人の方と連絡が取れ、支援物資を受け入れられるとのこと。大変な中、丁寧なメールをいただきました。

■特定非営利活動法人 エーキューブ
■東日本大震災支援ブログ
http://a-cube-sendai.sblo.jp/
http://www.a-cube-sendai.com/

「動物も震災ダメージを受けているので、ごはんの食いつきも悪く、カリカリよりもレトルトパウチや缶詰のほうがいい。さらに、ライフラインがまだの地域もあるので、スプーンをつかわないレトルトパウチが助かります」という話。想像だけでは分からない、現場で何が必要とされているのか、を伝えてもらいました。
決して大きなことはできませんが、でも長く続けるということに、大切なものが含まれていると思います。決して一過性のもので終わらせてはいけないのが、支援。
仙台は、これまで2度ほど訪れたことがあります。とても空気が澄んで、空が青くて、食べ物がとってもおいしくて。広々とした景色が香川県と違っていて、開放感に満ちていました。訪れたことがある。そういうものも、ひとつの縁。ダンボール探さなきゃ!
[PR]
by miumica | 2011-04-01 10:01 | 想い事

旅するように、いつもを暮らす。


by RY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31