カテゴリ:'14.8よさこい( 6 )

2014年の夏が、終わる

a0140969_14190590.jpg
踊り子として参加する、夏。武器のカメラは、iPhone。そして、踊り子の視点。
a0140969_14190005.jpg
総踊りだって、楽しみながら、何かが自分の気持ちと重なった時にシャッターを押す。投影してるのは、自分が見て感じて来たもの。
普通のカメラマンじゃない視点。それが私の踊り子人生。
a0140969_14190460.jpg
外から、観客席からは見えない景色。感情や熱気の渦にもみくちゃにされながら、はしゃぐ。でもふと。あの若い女の子達が、自分の10年前・13年前の姿かもしれないと、重ねてしまう。
13年前、普通にカメラマンとして写真を撮りに行った時、踊り子さんたちの笑顔がすごくて「あっち側に行くと、あんな笑顔になれるんだろうか?」と思って、飛び込んだ。カメラより踊り子を選んだようだけど、違った。
iPhoneでも、私にしか撮れない景色が、見つかった。

2014年の踊り子の夏、さぁ、おしまい。
次のステップへ、秋へ向かおう!





[PR]
by miumica | 2014-08-24 23:18 | '14.8よさこい

8月12日・交流会(おまけ)

a0140969_15434114.jpg
へとへとなのに、どんどんヒートアップしていく私。楽しかったー!


[PR]
by miumica | 2014-08-12 22:13 | '14.8よさこい

8月12日・全国大会

a0140969_15434122.jpg
高知よさこい全国大会では、私のチームは踊らないので、地元の連のお手伝いカメラマン。
a0140969_15434117.jpg
今年は別の連に行っちゃったけど、それでも大歓迎してくれる。ビデオカメラは慣れないけれど、一生懸命撮った。踊り子が私を笑いながら意識して踊っているのが分かって、私も笑った。
a0140969_15434125.jpg
この特等席。泣いた。今年いっしょに踊ったメンバーや、この連のメンバーはもちろん、過去13年いっしょに踊って来た仲間たちが、走馬灯のように浮かんでは消える。ここまで来た、こんなところまでやって来た。
a0140969_15434187.jpg
左も右も、かつて所属していた連。ちょうど真ん中に私がいて、そのどちらの連からも大事にしてもらっているのを痛感した。「あ、りょうこだ」っていうような感覚で。本当に私は幸せものなんだと思った、全国大会の審査会場にて。





[PR]
by miumica | 2014-08-12 22:05 | '14.8よさこい

8月11日・本祭2日目

a0140969_15434108.jpg
一番大好きな演舞場・帯屋町筋アーケード。必死で踊り終わった後に、振り返るこの景色。踊り子だから見えるものがある。

13年を重ねて来たら、いろんなところにかつて一緒に踊った仲間がいる。今は衣装が違えども、志が同じ。まるで高知じゅうが同窓会のようになる。応援してくれた人たち、観客で目があって笑ってくれた人たちも、あおいでくれた人たちも、みんなみんなありがとう。
今年は力強く、全力で踊ってみたかった。まだ、踊れた。またもう一度、頑張るなら、この演舞場のお客さんたちにまた会いに来る。

a0140969_15434136.jpg
解散して、追手筋演舞場が片付けられたところを、1人てくてく歩く。踊り子の熱気が、まだアスファルトに残っている。
a0140969_15434195.jpg
スーパームーンの下で踊れて、本当によかったです。汗だく、メイクも落ちて、へとへとだけど。




[PR]
by miumica | 2014-08-11 23:57 | '14.8よさこい

8月10日・本祭1日目

a0140969_15434118.jpg
「よさこい祭り、予定通り1時から開催」のニュース。
お客さんも踊り子も、信じられないような心地。町に音が鳴り響く。どどん、どどん、始まった。年に一度の、この時が。
四国に渡る橋が全て止まり、まだ高知も暴風域を抜けてない。現地入りできる踊り子が限られる、けど、雨はやんだ風も止まった。
13年を振り返りながら、せいいっぱい、踊る。
毎回ファイナル。と思って。

自分が踊っているから、写真がとても少ない。

[PR]
by miumica | 2014-08-10 23:43 | '14.8よさこい

続々と踊り子が高知に

a0140969_14542084.jpg
9日朝は、静か。雨も降っていない。Facebookで実況中継したり、逆に情報を受けたりしている。ひとつの情報に一喜一憂。みんな思うことはひとつ。地方車という大きなトラックを組み立てるメンバーたちが、高知に入ってきている。このまま雨が弱かったら良いのに...
a0140969_14542778.jpg
午前中がキーかと思い、再び中央公園や帯屋町、ひろめ市場に向かって歩き出す。台風対策のため、看板のかかっていない中央公園。いつもと全然違う。でも、踊り子が笑顔で踊っているのが、見えるんだ。
a0140969_14542346.jpg
そんなステージを撮っていると、テレビ東京の取材班からインタビューを受けてしまった。昨夜テレビで流れていたけど、まさか、自分がそうなるなんて…。ありったけの想いを込めて「みんな、踊り子みんな、信じて待ってます!」と応えた。
a0140969_1454402.jpg
母が教えてくれた雰囲気のいい喫茶店でモーニングをいただいて、日記を書く。
a0140969_14543079.jpg
食料の買い出し、ちょこっとバーゲン。何だか満喫してる。てくてくと歩きながら、踊れるかどうかの不安や、みんなが無事かどうかの心配や、でもきっと何とかなるはずで踊れるはずだと信じる気持ちが、ふつふつと湧いてくる。歩く、ってこういうことかな。
a0140969_14543466.jpg
こんな不安や心配や期待を、一身に感じられること。忘れられないよさこいの夏。ファイナルに、ある意味とってもふさわしいのかもしれない。
a0140969_14543880.jpg
午後から雨足が強くなり、宿の窓にも雨が叩き付ける程になってきた。今から宿に缶詰め。頑張る。進めたいこと、叶えたいこと、いっぱいある。





[PR]
by miumica | 2014-08-09 14:50 | '14.8よさこい

旅するように、いつもを暮らす。


by RY
プロフィールを見る
画像一覧