<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

11月もおわり、

a0140969_22274870.jpg


秋の光は何とやわらかく、やわらかいことでしょう。

11月も終わり、喫茶店フランドルも今日が最終日。今日は急いで仕事を上がり、母と妹と私と三人で、ぎりぎりお店にかけつけました。3人のスタッフさんに小さな花束を贈り、ラストのドリンクオーダーを(母はコーヒー、妹はストロベリーティー、私はレモンティー)。
土曜日からのことですが、もう写真とりまくり。フィルムで3本はいきました。下手でもどんなものでも、アートじゃなくても、記念撮影でもいいのです。だって、絶対に後で見ると「撮っててよかった」と思う自分の気持ちが分かるから。私は、私が後で見直して「ああ、このシーンは」って振り返ることができるような、そんな個人的な写真が大事だとも思うのです。
明かりのついているこの店も、もう今夜で最後となるのは寂しいけれど。感じたことや考えたこと、食べたものも飲んだものも。いろんなものが、とても穏やかに、つつましく、ありがとうという気持ちとともに。
[PR]
by miumica | 2009-11-30 22:35

フランドル

a0140969_2342730.jpg


思い出が重なる場所。

昭和53年創業の喫茶店・フランドル。長い営業期間の中、私も私の家族も、それぞれに思い出がありますが、残念なことに明日11月30日で最後となりました。昨日もモーニング、今日もモーニングと時間を変えてケーキセット。お店のスタッフの方ともいろいろとお話をしながら、どんどんしみじみとしてきました。
最近のカフェブームにのったお店とは違う、この空気。静かで、みんながそれぞれ静かで穏やかな時間を過ごせる良さ。窓の外には川が流れ、鯉が泳いでいます。店の前には大きな木が、お店を覆うように育っています。この良さは、他のお店にはないんだなー。中学の頃から通った店。昨日も今日も、入れ替わり立ち替わり、なじみのお客さんがやってきます。みんな寂しそうでしたが、それぞれの大切な時間をかみしめるように、過ごしたようです。

明日も、行かなきゃ。
[PR]
by miumica | 2009-11-29 23:10

ポストカード作り

a0140969_21445464.jpg


秋晴れですね。

こつこつと、アトリエカイトさん用のポストカードを作っています。
http://atelierkayt.blog83.fc2.com/
12月3日オープンに、何とか間に合ってよかった!ぎりぎりです。

冬やクリスマスらしい写真を、という意識で自分の写真を見直してみると、なかなかないものです。最近少しはまっていた「ざらざら感」を出したかったので、今回は紙にこだわりました。そしてもうひとつ自分の中で発見。「ポストカード用にプリントアウトしたいな」と思った写真に、共通点が見えてきました。「すっきりと、でもワンポイント」。色目は白ベースのもの、青ベースのもの。何だか作品集を作りたくなりました。やっぱり、ものづくりっていいですね。
[PR]
by miumica | 2009-11-27 21:45

女3人

a0140969_229042.jpg


クリスマス、きらきら、きらきら。

昨日飲みに行きました。友達がお店のマスターの奥様なので!ボジョレーおいしくいただきました。いやぁ、飲みやすかった。卵スープ絶品!
女3人集まると、いろんな話題が飛び交います。時折GAPで掘り出し物が出るとか、京都の占い師のおじいさんの話とか、隣の席とカウンターの人たちは地元がいっしょで人脈がつながって、ついつい私までよさこいネタで初対面の人と盛り上がるわ。まーネタに尽きません。ああだこうだとおいしくワインを飲みながら、こうやって冬が来るんだろうなー。

準備、着々。ヘアカットの予約もした!
[PR]
by miumica | 2009-11-26 22:15

余韻

a0140969_22551974.jpg


青い空の向こうに、うっすらと白い雪の山。

まだ蒜山ペンションの余韻が続いています。楽しかったしおいしかったなー。写真をすぐ見直せるのがデジタルのいいところ。旅の間でも遊べます。せっかくなので、やっぱり紹介しないと。
「ログペンション 森の散歩」http://morinosanpo.com/
春も、GWも、そして秋も。みんな表情が違う蒜山。大自然の中で生活するって、時間がゆるやかに流れる中で、季節という大きなものに包まれるんだなと思います。できれば次は冬の雪の季節を見てみたいものです。

会社の年賀状を制作しているのですが、どうも悩む。みんなが「写真でいいやん」と言ってくれて、今、ひとまずざらざらのはがき用紙にざらざらプリント。うまいことできるかなぁ。
[PR]
by miumica | 2009-11-24 23:04

蒜山へ

a0140969_22433830.jpg


カメラを持って。

1泊2日で、母と旅行に行きました。春に見つけたとっておきのログハウスペンション。あたたかな人たちに囲まれて、とても心がほっこりとするお宿です。檜風呂、野菜たっぷりのおいしいディナー、ケーキ作りに、リンパマッサージ。そして訪れる人たちとのあったかな会話。もうやみつきです。
母親と二人で旅に出る、って、なかなかいいものでとても贅沢なものなんだと思います。いつまで、いつまでも、でもでも。そんなことが時折よぎったりするのです。フィルムでも何本か撮影。ああ楽しみ。しばらく余韻が残ります。
[PR]
by miumica | 2009-11-23 22:49 | 小さな旅の話

無作為

a0140969_012694.jpg


旅の思い出。記憶を記録していたこと。

今日会社で、去年行った社内旅行の話が上がりました。その時メンバーは4人。女性は何と私だけ。なのにすごく盛り上がった記憶を、その時撮った写真でたどることができました。
みんなデザイン関係なので、写真(&ムービー)を撮る撮る撮る撮る...「旅に来た→いい被写体がたくさんある→写真を撮りたい→さらによい被写体を探す」この行動パターンが4人にぴったり当てはまり、撮った写真は数知れず。
フィルムで作品のために、と撮った写真より、デジカメで記録がてらにいろんな景色や食べ物やメンバーを無作為に撮った写真のほうが、改めて見ると良かったりします。自分が見ていて面白かったのですよ、デジカメで撮った写真の方が。下手に小細工なこと考えなかったからでしょうか。うーん、その原因が大事だ!撮った時より時間がたったから、少し客観的になれたのかもしれません。写真の先生が言ったことば「主観的に撮り、客観的に選ぶ」を思い出します。いかん、まだまだ足りません。
[PR]
by miumica | 2009-11-20 23:01 | 写真の話

オーラ

a0140969_23381577.jpg


お気に入りの宿がある幸せ。

急に冷え込んでくると、体調を崩しやすくなります。寒いのは苦手。
今日、尊敬している先輩から連絡をもらいました。先輩といっても不思議な縁で、かつての職場が一緒で(でも一緒に働いた時期はなく)、父親と仕事の縁があるようで、共通の知り合い(といっても大事な友達)がいて。そして何より仕事をするスタイルがかっこいい!なのにとってもキュート!と、姉のように先輩のように憧れている女性です。とても連絡をもらえて光栄!電話口でも「元気ー!?」って、「もう、そんな元気な声を聞かせてくれたら、元気に答えなきゃいけないじゃないですかっ!」というくらい。さっそくランチの約束。

アトリエの友人。そして先輩。いろんな人がいる中で、それぞれ纏っているオーラが違っています。その輝きが少しでも私にうつってうつって、私も私らしく輝けたらいいなと思うのです。私はいったい何色なんだろうー。
[PR]
by miumica | 2009-11-19 23:53

クリエイティブのかたち

a0140969_23273891.jpg


去年の夏の思い出。

海遊館の近くの観覧車の写真だったと思います。
現在芸大通信学部に在籍し、写真を勉強しています。地元にいながら、夏と冬の時にスクーリングに参加しています。残すスクーリングはあとわずか。残るレポート単位は山のように。あは。
スクーリングに参加する同級生たち。同じことを目標とする人たちの、様々な個性。それは撮る写真にも、ことばにも、撮る姿勢にも現れています。様々なクリエイティブの形があって、写真だけでない「もの」の見方まで感じることができたのが印象的でした。個性を認め合う。単に人の作品を「好き」「きらい」で評価するのではなく、認めることができる。私にはそれができていなくて。知ることができたのは、本当に懐が少し成長したかな、と思ったりもします。

一言でクリエイティブといっても、様々なかたち・スタイルがあると思います。自分を表現する、もしくは代弁してかたちにする、記録性を重視して歴史に残るものを目指す...まだまだあるでしょうね、きっと。その中で私が求めているものは何だろう、形にしたいものは何だろう、どうやったら近づけるんだろう。そんな悩みを持ちながら、カメラのシャッターを押したり、ペンを取ったりする日々です。
[PR]
by miumica | 2009-11-18 23:40 | 写真の話

クリエイティブな刺激

a0140969_2331324.jpg


お祝いの代わりに、まずは赤いバラ1本で。

仙台の友人が、アトリエを立ち上げることになったと、嬉しい連絡をくれました。
子育て中のママのためのカルトナージュのワークショップをはじめ、育児イベントの貸しスペース、布や木・カルトナージュの手しごとのもののショップのあるアトリエです。12月3日のオープンに向けて、1歳ベイビーを育てながら、頑張っているようです。刺激もらいました。
仙台と高松。距離が残念だけど、私も写真という分野で参戦することに!即決です。彼女からは人生の刺激をたくさんもらってばかり。何かの形で恩返しをしたいし、いや、いろいろと関わっていきたい!

●小さなスペース Atelier kay・T(アトリエ・カイト)
http://atelierkayt.blog83.fc2.com/


ぜひご覧あれ。
[PR]
by miumica | 2009-11-17 23:33 | 想い事

旅するように、いつもを暮らす。


by RY
プロフィールを見る
画像一覧