<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

灯火

a0140969_22423321.jpg

久々にドイツのクリスマスのご報告。
教会に欠かせないのは、キャンドルの灯火です。
1ユーロを寄付して、キャンドルに火を灯し、祈りを捧げる人たちがいます。

a0140969_22442710.jpg

クリスマスの始まりを告げるのは、じつはこのキャンドルから。
12月24日から逆算して、4回の日曜日。この日曜が訪れると、キャンドルに火を灯します。
これがアドベントキャンドル。だから、リースに4つのキャンドルがあるのです。
だいたい11月の最後の日曜日から始まり、ひとつずつ火が灯り始め、
人々は、クリスマスが近づいてくるのを感じます。

a0140969_22464186.jpg

私が訪れた教会では、4つのうち2個に光が。これが4つ灯ると、クリスマス到来。
クリスマス当日だけじゃなく、クリスマスが来るまでの約4週間も大切なのです。
だからマーケットも4週間、ということをお忘れなく。
[PR]
by miumica | 2012-02-14 22:49 | '11.12ドイツの旅

女木島に、もうすぐ春。

a0140969_1713032.jpg

高松港からフェリーで約10分の女木島へ、取材に行ってきました。
かもめが凄かった。久々にデジタル一眼レフのみで撮影。がしかし撮影。
a0140969_17132714.jpg

毎日毎日寒いですが、春は確かに来るそうです。桜のつぼみ。
a0140969_17134047.jpg

電動レンタサイクルのおかげで、高いところまでたどり着けました。
晴れていたおかげもあって、絶景・絶景・また絶景。
a0140969_17135249.jpg

「鬼旬」さんで、おいしくお昼ご飯をいただきました。無我夢中でもぐもぐ。
よくかんで、よく味わって、よく食べる。しあわせー!
a0140969_1714350.jpg

道中、島のお母さんが水仙をおすそ分けしてくれました。この笑顔が最高で!
久々にいい写真を撮らせてもらいました。掲載したいなぁ。
a0140969_17141823.jpg

気持ちあふれるお土産。島って、不思議な力があるなぁとしみじみ感じます。
[PR]
by miumica | 2012-02-11 17:12 | 小さな旅の話

やっぱり出会いは運命だったのね

a0140969_22491429.jpg

たま日記を卒業制作にしたものが、学科賞なるものをいただくことになりました。この学科賞というものがどんなものなのか、未だによく分かっていないのですが、ただ連絡を受けたのは、1月31日。私とたまが、2002年に出会ったその日でした。

a0140969_22512186.jpg

2002年1月31日の夜21時過ぎ。母親が車で駅まで迎えに着てくれるのを、私は駅のベンチで座って待っていました。当時、JR屋島駅は無人駅。過ぎ行く人、迎えを待つ人、様々な人が流れて行きました。そこに、後のたまが、いました。丸くて、白くて、おっきかったです。

a0140969_22521410.jpg

その前の週にもこのベンチの下で丸くなっている姿を見ていたので、この駅の子なのかなぁと思いつつ。とてもとても寒い日で、たまとなる白い猫も風邪を引いていました。

a0140969_22532886.jpg

今はレイアウト変わってしまったけれど、こんな雰囲気のベンチにお互い座り、私はたまをよしよしとなでていました。すっと立ち上がり「ああ、どこかに行くのかなぁ」とちょっと寂しく思ったら、何と、私の膝の上へ乗ってきたのです!そこですっかり丸くなり、鼻風邪をしゅくしゅくと鳴らしながら、私の膝で必死で暖を取る姿。
慌てた私へ、ちょうど母が到着した合図のクラクション。一瞬戸惑いつつ、そのまま両手でたまなるものをだっこして、駅の外へ向かいました。
冬、1月31日。たまの、お誕生日です。

後で駅員さんに伺ったところ、どうやらたまは、一ヶ月近くこの屋島駅で誰に飼われることもなく、居着いていたそうです。よく、私の膝の上に来てくれたね。ありがとうね。

あれから10年。学科賞は、たまからのメッセージ。そんな気がしてなりません。
[PR]
by miumica | 2012-02-07 23:05 | 写真の話

たまパンチ

a0140969_2235133.jpg

おとどしの夏、庭にて。GRでたまを接写中に。
a0140969_2235697.jpg

「いやや」と、ねこパンチ。

たまにはこういう写真も載せてみたいのです。
[PR]
by miumica | 2012-02-07 22:36 | 猫の話/たまの話

旅するように、いつもを暮らす。


by RY
プロフィールを見る
画像一覧