<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

卒業、春、仰げば尊し

a0140969_11544421.jpg

覚えていよう、自分のために「仰げば尊し」を歌うこと。

3月、無事卒業式を迎えることができました。4年という年月で学んだことは多く、写真の技術というよりも、テーマを探して生きる方法?を教わったような気がします。皆、自分のテーマに真摯に向き合い、追及する。私も、たまとともに過ごした時間から、写真という手段を通じて、学んだことが沢山ありました。
写真って、手段だと思います。だから、難しくない。そして誰にでも出来ること。でも、簡単ではないこと。実際に今、テーマを持って撮っているかといわれたら、実はテーマが見つかっていません。自分のこれまでの経験を超えたり塗り替えたり。そんなテーマになると、もう、写真を越えて人生になるような気がします。
それが、春、旅立ち、卒業、新しい出発なんだな、って思います。

いただいた卒業証書、そして学科賞のトロフィー。学科賞は通信教育90人のうち、3名だけだったよう。ちょっとびっくりしました。そして更なる感謝、たまありがとうね。
[PR]
by miumica | 2012-03-22 23:54 | 写真の話

卒業式を明日に控えて

a0140969_22583123.jpg

この校舎とも、お別れ。

社会人と学生というダブルワークは、確かに大変だったけれど、私の性分には合っているのかもしれません。充電と放出。でも両立できたことは、多くの人たちの支えがあったから。

前職、スクーリングに行く為に、仕事のフォローをしてくれたD+の皆さん。
写真展をいっしょにやってくれたmosaicの皆さん。
学校の先輩として卒業制作をアドバイスしてくれたFさん。
全国各地に散らばる、通信・写真学科の同級生の皆さん。
特に濃いメンバー。共に卒業制作に臨んだIさんとKさん。
阿倍野でいつも笑顔の、パワフルウーマンUさんとWさん。
私の写真のファンだと言ってくれるYちゃん。
「せとうち暮らし」で写真を応援してくれている皆さん。
卒業制作で深い意味のお告げをくださった、N先生。
卒業制作のアドバイス「こっちがいい」を下さったS先生。
卒業制作で編集の大切さを教えてくださったA先生。
んもう、んもう、書ききれません。
そして、あったかく見守ってくれた家族。
そして、最期の最期まで写真を撮らせてくれた、たま。

今日が、たまの一周忌。そして明日が、卒業式。
私に写真の意味を教えてくれた子が、きっと見守ってくれているはず。
[PR]
by miumica | 2012-03-21 22:59 | 写真の話

たま、ありがとう。そして一年。

a0140969_22481222.jpg

今日はたまの命日。あれから一年。

あれから一年たったんだと思うと、不思議で不思議でたまりません。風邪を引いて一日中ぼおっとなっていたのですが、午前中、時計を見る度に「この時間は」「この時は」「12時は」と思わずにはいられませんでした。たまの様子がおかしいと感じたのは朝の8時、そしてずーーーっといっしょにそばにいて、そばにいて、そばにいたのに、あっち側に行ってしまったその時はちょうど12時。

時間は悲しみを薄めてくれる、けれど消してしまわない。
残った想いは痛いけれど、鋭い角は取れていて、
私は忘れたくないのです。
たくさんの別れは、私を育ててくれました。
ありがとう、ありがとう。

a0140969_22562880.jpg

沖縄の塩が入っている、お守り「島まーす」。
今も向こう側で、たまの傍で、たまを守ってくれている。
私はそれを写真で記録していた、だから大丈夫。
[PR]
by miumica | 2012-03-21 22:48 | 猫の話/たまの話

小さな旅、出発の春

a0140969_23335434.jpg

「別れは次に会う為の約束」といった彼女。

香川県に一年。でももっと居たような気がする。東京から香川に移住してきた彼女は、そんな存在感を放っていました。所用あり東京に戻る事になってしまい、惜しみながらの送別会。香川県での最後の夜を皆でいっしょに過ごしてもらいたかった、という彼女のお誘いを受けられたこと。感謝。

春はそんな別れが重なる。けれどきっと、続けて繋げて行く事ができる、信じていたら・メッセージを送り続けていたら。だから永遠の別れじゃない。また会おうね、って気軽に、じゃあね、って。
[PR]
by miumica | 2012-03-20 23:33 | 小さな旅の話

渡し船での井島・家島への旅

a0140969_23261956.jpg

瀬戸内海には、まだまだ知らない島がたくさんある。

「せとうち暮らし」http://setouchikurashi.jp/のメンバーで、瀬戸内海にある「定期航路のない島巡り」ツアーに参加してきました。香川と岡山の県境をはさんだ島・井島(岡山側では石島)、そして無人島となった家島。高松から宇高国道フェリーに乗って宇野まで行き、そこから渡し船に乗り換えて、それぞれの島へ連れて行ってもらうのです。
釣り船のような小さな漁船に乗り込んで島へ向かい、スピードあふれる風を一身に受けていたら、沖縄を思い出しました。小さな船だと海面からとても近いので、そのきらめきがよく見えます。そうしたら、ふとよぎる沖縄の海。あの海も、元気かな?そんなことをふと思ったりするのです。

写真?何とデジカメの電池を装填し忘れていたという大暴挙。ありえません、大いなる反省。ということで、早くフィルム写真上がらないかな。
[PR]
by miumica | 2012-03-18 23:26 | 小さな旅の話

高知・おきゃくな旅

a0140969_2375530.jpg

土佐の春のお祭り「おきゃく」に、母と2人でプチ旅行。お目当てはやっぱりよさこい。
たくさんの人でいいポジションで見る事は難しかったけど、あの音量とテンションを浴びたおかげで「今年の夏も、さぁ!」と思えます。夜はもちろん、鰹のたたき。美味。
東日本大震災からちょうど一年ということもあり、街は様々な行列が。連のMCも、復興を願うメッセージが数多く込められていました。そう、あれから一年。全てが変わった日。
a0140969_23101352.jpg

翌日は高知城へ。ひろめ市場、牧野植物園。母と2人のプチ旅行、ああだこうだと言うのも馴れたものです。親孝行、できるうちに、って思ってしまいます。できるうちに、できることを。
[PR]
by miumica | 2012-03-11 23:07 | 小さな旅の話

レザーワークショップ

a0140969_23141712.jpg

モノ作りが好きな私ですが、イベント作りもどうやら好きらしく、さらに人集めに充実感を感じる性質も持ち合わせているようです。友達のデザイナーさんと皮職人さんといっしょになって行ったワークショップで、私は今回カードケースを作りました。FBで告知広報を行い、いろいろな人から素敵な反応をもらい、とっても楽しくなりました。やっぱり私は充電型の人間のよう。
a0140969_2314713.jpg

この皮一枚から、お手本のようなカードケースを作るのです。
a0140969_23135697.jpg

で、できた作品。かわいい!

次は5月の開催に向けて、さー広報活動頑張るぞ!
[PR]
by miumica | 2012-03-10 23:13

パワーねこ

a0140969_20551387.jpg

神戸で見つけた、パワースポット。

作者の粋な計らいに、充電させてもらったことを思い出しながら(「壊れても責任は問いません」という想い、なかなかできるものじゃありません)ブログにUP。ここでもまた、エネルギーチャージ。そして、我が家の猫をがしがしっとなでなで。あー、ちょっとすっきり。
さー、やるよ。ゆっくりと、春が芽吹くように、いこう。
[PR]
by miumica | 2012-03-07 20:58

何かを信じて、何かを感じて

a0140969_2212544.jpg

生田の森に立っていた事を思い出せ、私。

いろんな人ともっと会わなきゃいけない。先日友人と話しながら、私は人に会うことでエネルギーをわけてもらうタイプの人間なんだな、と気づきました。ここ最近どうも自分の内なるものの流れがおかしくて、それは自分の決断をいろいろと先延ばしにしているという落ち込みだったり、不安だったり。やらなきゃいけない、とか、でもやりたいことって何だろう、とか。妙にもぞもぞした感覚。いろんな人たちに会い、笑い、話をして、充電させていただきたいです。がんばろー、ってゆるゆると笑いながらお話したいな。

ふと。最近行ってじわりエネルギーを感じたのは、神戸・生田神社。神社の裏にある生田の森、ここ、きっと何かある。そんな気がする。自分の波と合う場所、後でも心に残る場所。これまでの人生では、久高島と、生田の森。あの場所に立っていた、そして何かを感じていた。それは見えないものだけれども、何かを信じて、何かを感じて、さらに進め私。
[PR]
by miumica | 2012-03-06 22:21

旅するように、いつもを暮らす。


by RY
プロフィールを見る
画像一覧